FC2ブログ
■未分類

■あげいん

昨夜を乗り越え今朝迎え確認…ありゃ。ただいま受付窓口中。うぅ~むぅ~。昨日はなんとか間に合わせ昨夜もなんとか乗り切って、まっすぐ帰ってパスタ茹でて食べてお笑い観て途中で堕ちて寝に行って沢山夢見て途中で起きて…ありゃ。原因不明中。眠い小腹減った帰りたい。ただいま受付窓口中。
スポンサーサイト



■江戸

朝陽が出る前から起きてます臨時休燗日の都民の日。唯今脱出前。☔の予報も昨日から変え真夏な江戸。唯今乗船前で御座います。朝のターミナルで目が合う声かかる「ぬる燗さん」オパピー君だった。行く場所一緒やん。そちらは所さんの番組の撮影だとか。ではまた後で。で、通常休みだった昨日。しっかり吞んだね。何処で?それはね。。昼は浅草ランチパスタ初処。お洒落な。ぺぺロッテ御馳走様。歩いて揺られて過去には毎朝よく来てたエリアへ。買い出しでもなくただたんに明日朝早いなら泊まっちゃえ。で。軽い荷を下ろして。先ずは銭湯で。スッキリしたら次は酒場で此処で佳いかな。座るとお通しにグラスビールだった。ありがたく潤す。乾杯。ではハイボールも。納豆キムチに、ドンコ焼き。レモンハイ〆。御馳走様。この町歩いてて見つけてしまった裏路地酒場。予定では決めてた酒場あったがワクワクの価値で其処へ。入れますか?ちょうどカウンターがありがたく。では燗酒で乾杯。いいよいいよ。調理場の方々は元暴れん坊さん達なんだろうなぁ物腰柔らかいけど族とヤンキーとヤ〇ザさんと身体に絵がありそうな。出てきた鰺フライとハムカツに手を打つ。でてきたコハダが美しく鯵も良く愉しむが、徳利が店に三本しかないのかお代わりすると慌てる兄さん達に笑み。しっかりご機嫌。御馳走様。おっ此処は当たりか外すか嗅覚だけでは微妙。開けてしまえ。すぐ閉めた。ヤバい香りがした。主も客も居なかった。えらいこと散らかってた。安定の彼処へ。久しぶりだ。ええですか?では燗酒と人気メニュー5品から仁品。ご兄弟は変わらずビシッとしてた。もう佳い酔いだ。御馳走様。でも彼処へ。〆中華へ。どうも。来ちゃった。知った娘達が吞んでた。ありゃありゃ。ヒューガルで乾杯。中華三昧。主夫婦も娘も交えて馬鹿はなしを肴に。酔いよい御馳走様。宿らしき其処へ戻れば即落ちさ。さっ朝市めしもかっくらって唯今乗船待ちさ

■ルーター

繋がりません。PC。ですんでスマフォからのおはようございます。機械は繋がってませんが、様々な人々達とは繋がっており繋がなきゃでなく繋がっております。頼られれば便り返します返答します。生まれてあと10日ほどで干支4周期。御縁ときっかけと感覚だけで此処まで個々まで。想えば遠くにきたもんだ。四十過ぎてからMr.Children.Children。歌詞にはまりまくってる。昨夜も終えてから墜ちつつ。ほな帰りまっせ。月も星も何処へやら。4時のカップ麺。目覚めれば太陽。あっルーターにスイッチが入った。では自分にも。昨夜も個々ありがたく。個人戦個人生。自分が何かしらの人の役に立っていればありがたく。

■とろっこ

唯今帰路中の車内。こんにちは。昨日も歩いた動いた飲んだ喰った。よく寝た。朝陽前にそりゃ起きるさ前夜10時前に寝ちまったもん。じゃぁ早起きは参揉んの徳。って事で現地朝一からローカル線からローカル線からトロッコ。このトロッコの線路を引いた人達を尊敬します。素敵な景色とトンネルと素敵な渓流と警笛と。一時間愉しむ朝の9時。終点まで行かず其処で降りた。朝飯口にせず向かったので一軒あった山小屋へ。カラオケテープの機械から流れる🎵愉しみつつ。でも食わずに飲んだ。甘酒と珈琲。甘酒を誉めると喜んだママがアレンジ甘酒をサービスで。ビタミン補給。貸切小屋を愉しんででは又会いましょう。険しい石階段を降りきると、河原を掘れば湯が沸いてるさ。スーパーマイナスイオン足湯揉み揉み揉ん揉ん。岩と岩との間湯。満喫。貸切河原風呂さ。もう十分。もどるトロッコ。のまえに小屋のママパパに手を振り。トロッコもどった先の温泉街でのソースカツ丼が美味くて。戻り戻り再びの街へ。さっ汗流したら飲みにだべ。一軒は抑えた。の前に。てくてく。色艶ネオン点く前の街を抜ければやっぱあるねこういう店。迷わず縄暖簾を潜る。怖い女将と明らかに吞兵衛の赤い鼻したご主人。客は地元の白髪な方ばかり。どうして僕は白髪な方々が集まる店が好きなんだろう昔から。瓶ビールで乾杯。ぷぁ。次の店が魚だから軽く、その味噌と奴。それと作り過ぎてあふれてる牛すじ煮込み。おっ味噌うまっ。あっ煮込み僕の味付けに煮てる。うまっ。酒を勧められた親爺は嬉しそうにでっかいぐい呑みで。「酒と涙と男と女」「河島英五」って言ってから一気に呑んでた鼻赤親爺。最高です。もうちっと居たかったけどごちそう様。狙った其処へ。どうも。では地酒まつり開催します。乾杯。ああ美味い。おっ!おっ!刺身も焼きもうんまい。ついつい冷酒でパカパカ逝っち舞った。大将どれも美味いよ!ああご機嫌だ。ごちそう様。もうあれだ昨夜見つけたあそこに再びで〆だ・・おやっ?此処は確か。。陶酔者駄目となってる筈だけどどうだろう?親爺さんええですか?入れてくれた。貸切愉しんだ地酒勧められるままに志ん朝に呑んだ落語の音が心地良くおちかけた。あかん。かえろう。ごちそう様。漬物ステーキ美味かった。結局向かう昨夜と同じ終着地。迷わず頼む気になって仕方なかった志那そば。酒なに飲んだが記憶から消えた。マカロニサラダは憶えてる。胡椒と一味を振れとの指示。美味しい安堵なラーメンだった。居酒屋だけど。ごちそう様。そして記憶は抹消された朝だった

■ひーみぃーごー

今年一番寝たぞい。七時間くらいらしいけど一度は起きたみたいだけど。四時半起床。昨朝?仕事終えて早めの2時半?に寝て四時半目覚まししたのに3時半に勝手に目覚めてそのまま始発の上野へ。おはようございます。では。トンネルを抜ければもうこちら。朝8時半。ではそちらへ。モハからキハへ。ガタンゴトン。緑と黄色。稲穂かな。水色と連峰に乗っかった白い雲。こんな雲あまり見たことがないな。蒼い海。綺麗な海。右も左も車窓が綺麗。終点。タクシー運転手さんの話がなに言ってんだか分からんけど微笑み返し。足湯で十分温泉満喫。白水青黄緑に汗かかぬ風。さて朝メシ?昼飯?狙って向かった先に感じる。ヤバい。やっぱり。今日に限って休みだ。おっとスンマセン乗り換えだ此処で一旦文止めます。またねぇ。後でねぇ。おはようございます。乗り換えまして女学生らに囲まれております。で、、休みだった其処どする?ネットで探す気もねぇし。目の前の魚卸し?屋さんにいた少女?どこかでうどん食べれませんか?彼氏?なタトゥー青年交えネットで(笑)探してくださって此処かなと。ありがとう。彼女もタトゥーなのね。よく見りゃえらい可愛い子だな。言われた道を歩く。にんにん。人とすれ違わない。車が止まる。窓が開く。さっきの少女。「その店移転してて間違ったこと教えちゃったんで車で其処へ送ります」いやはや。ええ子少女でなくて奥様だった。「子供がシート汚してるんですみません」ありがとう態々。其処は海鮮丼食堂だったけど。うどんで。上げ底だったけど微笑ましくごちそう様。気持ちでおなか一杯だ。綺麗な町だ。彼氏でなくて旦那様によろしくね。ガタンゴトン。その県最大の街に戻って湯で身綺麗にして。さぁ飲みに行くべかな。行き先は決めてある。わくわく。此処か。でもすぐには入らず周りを歩く目星をつける。よし。16時半暖簾を潜った。親爺がいた。カウンターを頂いた。取材受けてた知った名が飛び交ってたけどスルーでハイボールください。では乾杯。ぷはっと。刺盛りとあら煮と鮎3種。よし。昼も魚は口にせず夜に取っておいたかいがあった。あらうんまい出世魚。昆布締め。イカ。生マグロ。コップ酒で地酒が進くん。アユが登場。三つの川の鮎。海のものばかりだと思ってたけど。こいつが一番美味かった。アユと鮎とあゆ。全部味が違った。恐れ入りやした。ご馳走でした。ゆらりふらりと此処知ってる入れっかな。入れた。うむ?いい店なんだけどなぁ。むかしよく飲んだその酒を熱燗で乾杯。あぁそうそう懐かしい味だ。いくつか肴。ごちそう様。さぁ嗅覚信じて。ふらりゆらり。みっけた。クンクン。からりと。ほらもう大丈夫。水割りください。「二十五度?三十五度?」えっ!?二十五度で。素敵だ。なんでもあるなここ。親爺もお母様もフル回転だ。おでんにくじらに。ご機嫌だ。そうだった寝不足だった。墜ちそうだ。ごちそう様。明日此処で志那そば食べようかな。どうやら21時半には寝たらしい。満足だ。只今ローカル線に揺られながらの朝8時だ。

プロフィール

こんけん

Author:こんけん
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

バックナンバー