FC2ブログ
■まち歩き

■生き抜いてきた先輩たち。。

今、ぬる本丸カウンター席。仕込みは、まだ始めて無い。冷蔵庫内の確認終え、固めてたお肉解凍中。。
まだ始めて無い。でも始めるだろう。始めます。正直わかんねぇんだよ。。分かってるけど。。
明日から4月でまた色々世の中制度も変わるんだよね。もう色々変わっちまってるけど。。
変わらない変えないもの大事さ難しさ・・・あぁもう・・・。。。
昨日の御休みの朝。少し気怠い朝。少し心臓ドンドンドン。原因がわかってきた。。もう数年前からもっと前から?そうだったみたいだね。。まぁオーバーワーク、まぁ無茶苦茶なんだろうね。。動きと心臓があってないんだろうね。。違った意味でのスーパーアスリートみたいらしい。。まぁ自分自身で調整せんとね。。
さっじゃぁどう過ごすかな今日はって朝湯に入ってたら入ってきたニュースで・・・めっちゃ凹んで、めっちゃ泣いて、その後にあれを観た。ドリフのサウナのコント。大大大好きなコント。。あぁ何度も見ても笑った。。その後もいくつか見てまた笑った、笑い泣きした。。
店に行った。ちょっと店の確認と、親の確認。
御近所に昼飯。そこは賑わってた。それをどう見るかどう思うかどう感じるか。。美味しく頂きました。。御馳走様。。
元々は出る予定だったけど、少し家で色々映像見てた。。
行くかな。。あそこに。。
やってた。親爺は親爺さんだった。少し軽快な動きに成ってた。炭酸を注いでいただき頂きます。乾杯献杯。テレビからはいつものニュース。聞いてるような聞いてないような。ニンニクとチーズを爪楊枝で。トマト割りミルク割り。しっかり酔い。。
其処へ弟子が登場で笑う。でもそっちで飲んでな。。御馳走様。。親爺さんも御元気で。。
其処へ顔出した。誰も居なかった。親爺さんと女将さん以外。冷えたんで燗酒ください。カツオとイカもね。
85年続くこちら。酸いも甘いもしってる店。でもこんなときだから。。親爺は笑って煙草吸ってた。テレビでは分かりやすい必殺仕事人がやってた。急に親爺さんが創業85年の文字の5にマジックで繋げて6にして86年と描き重ねた。
弟子がこっちにやってきた。じゃぁ女将さん燗酒ドンドンだしてね。。おでんは各自君はあれこれそれ君はそれこれあれ僕は焼き豆腐と昆布とちくわぶ。蒟蒻サービスありがとう。親爺さんの歴史噺も肴にバンバン飲んだ。。燗燗燗。。もう相当御機嫌だ。。御馳走様。。女将さん親爺さんも御元気で。。馬鹿達は向かった。。其処は家族経営だ。。どうも。。賑わってた。。賑わってる風かな。。もう焼酎だね。。食堂肴と馬鹿噺を肴にテレビでは都知事の会見流れる中・・・・そして僕は堕ちた。。あかん。。帰ろう。。御馳走様。。女将さんも御元気で。。
じゃぁね。。帰って酔っぱらいは冷蔵庫のハンバーグを全部食って果てた。。
仕込みは未だ始めて無い。送信したら始めます。。正しいのか正しくないのか分かんねぇ。。
スポンサーサイト



■燈台

働けば働いた分、休めば休んだ分、身体が反応する反発する。
休みの朝。休みだった朝だったけど休みの朝なのに、朝過ぎの朝。もっと寝ておけよ。浅過ぎだったし。。日曜御勤め終えて寝たのがたしか3時過ぎ。。で、目覚めたのが4時半過ぎ、努力で二度寝するも5時半過ぎにはもう這い出てた。
そのまま過ごした。なんか先週も似たような・・1・2時間寝て旅先へ向かって、19時過ぎに撃沈だったけど、昨夜も似たような・・・。。
真っ暗朝で小雨で小寒くて。身体は全国各地ギシギシカクカクズキズキ溜まったるの物ばかり。。録り溜まった録画物を朝から数々。。桜は今日は止めにして、そっちは向かおう。。
の、前に腹ごしらえ。此処は良心的でしかも美味しいタイ屋さん。麺もカレーも炒め物も。美味しくスパイシー。御馳走様。
おっと時間がねぇ。。セーフ。。
始まった。50年前の出来事。分かんねぇ部分も多々だったけど。僕らが生まれてくるずっとずっと前にはもうアポロ11号は月に行ったっていうのに。。でねぇけど。。僕が生まれる二年前。。そんな時代だったんだね。僕が生まれる一年前。。そんな時代だったんだねぇ。観終わって少しいや結構疲れた。けど悪いもんで無かった。。むしろ。。
でも切り替えねぇと身体が重かった。。そこでもいいがそっちだな。。って、、佇まい素敵な街の銭湯。
まさに50年前バリバリだっただろう学生運動してただろう?爺ちゃん達が沢山いた。若者?な自分は独りだった。お邪魔します。
お邪魔しました。ふぅ。さてではまだちょっと明るいが飲みの時間にすっかな。。
どれどれ。ぜんぜん空いてるね。いつもはわんさかわんさかなこちら。飲みだけど食いの時間に。
勝手に出てくる小皿の餃子は軽い。それに合わせて小瓶と養命酒?乾杯。それに続いて勝手に出てくる小皿に焼酎生で。。あぁもう腹いっぱい。時もよし。御馳走様。まだ少し時が。。小桜見て御参りして。。時が来た。暖簾がかかった。。
お邪魔します。ハイボールにボール。氷はカチ割が後からね。乾杯。うぃ~。。。
此処の自分の定番、海苔チーズ。では後はどうすっかな。。腹は空いて無い。。けど。。〆さば、ぬか漬け、ニラ玉。。やっぱ酒だな。。冷酒で、つぃ~~~~~~~。。。もう酔った。。もう酔っぱらっちまった。。早過ぎる。。顔も赤い。。早過ぎる・・・シャァか???
燗酒にシフト。。もう出来上がっちまった。。御馳走様。。
ひと戻り。。まさかの二週連続こんな時間に。。帰って寝ちまった。。けど起きちまった。。から。。御近所へ一杯。。
なるほど初処。なるほど。喉が鳴るほど今夜は飲めず眠い。。帰って寝よう。。
そっから寝て夢見まくって寝て夢見まくって寝て。。普段の朝まで。。
左親指が固まってる、腰が固まってる、外は風が舞ってる。もう少しで仕事が待ってる。。
もうその時間だ。。

■風Ⅱ

カーテン開ければ、御休み中の列車が見え、シグナルはレッドばかりな3:00過ぎ。
元気に起きてしまった。だって、19時には堕ちたらしい前日。寝不足だったとはいえ、旅先でこの時間に寝るとは。。
じゃぁ行っちゃうかね。御月様と、お星様の時間に、自転車借りて誰も居ない車も通らない人っ気のない道路を4:30に。。
誰も居ない。遠くで暴走族?の音がかなり遠くで・・・他に音が無いから聞こえる。。
真っ直ぐな道路真っ暗な道路を少し曲がったり下ったり上ったり少し少し怖い道路を走った。
誰も居ない昼間は混むだろう古き建物並ぶその道を抜けた。
自転車が一台だけ止まってた。
真っ暗な其処へ止めて向かった。
橋前で挨拶して、橋を渡る。右に御月様が。それ以外は良く見えん。雪洞の灯りがいくつかあるので道は分かる。
少しいやちょっとかなり怖かった。玉砂利踏む音と風の音、少し先から川のせせらぎ。。
此処かな。。警備の人が立ってた。。おはようございます。。お辞儀と二拍手。。風が吹いた。。
戻る頃には朝陽が少しづつ周りの景色が分かるように。。
5:00からやってるらしいその甘味処だけが湯気出して灯り燈ってた。入れますか?ありがたい。。火鉢に当たり、あったけぇ御茶と、あんこ頂いた。やたらやたらと美味かった甘かった。。御馳走様。その古き建物並ぶ道に陽射し。6:00過ぎ再びお辞儀し橋を渡った。違う景色を愉しんだ。。違う警備の人に成ってた。おはようございます。またお辞儀と二拍手。。また風が吹いた。。
しっかり日が出てて朝に成って腹も減って何処でもよかったが丁度開いた其処へ7:30の御粥。立派な御粥。温まった御粥。御馳走様。さて朝湯だな。しっかり温まって。さて、けえるかな。。
特急であっちゅうま。大都市へ。。
その地のソウルフードなスパゲティを頬張って。後はどっかで飲んで、けえるかな。。
の、前に。。町の中の小さな銭湯。。婆ちゃん番台。。爺ちゃん客層。。しっかり温まって。。
どっかやってかな?クンクン。。。ふふふ。。。
どうやら15時かららしい。。一回りして少し待って見よう。。おや?さっきまで出て無かった戸から紺の暖簾の端っこがちょっとだけ挟まってる。まぁ15時から開くのは間違いないんだろう。さては・・そういうことかな・・15時戸が開いた。もうカウンターには幾人も座ってた。やっぱそういう事か。。御馴染さん達大事にだよね。。テーブル端っこ頂いて、缶ハイボール。乾杯。。なんでも缶でもいい訳でないけど美味いんだよ美味く飲ませてくれる店だと。。奴と胡瓜。それと熱燗ね。。うんいいよ。。地場の安堵ないい酒場。。
さっ席を譲って御馳走様。では久々のそちらへ。。座れっかな?
全然空いてた。では遠慮なく。。熱燗と、、惣菜はトレーに。。では。。乾杯。。あぁよしよし。。やっぱ影響あんのかな。。珍しく静かだ。。そうはいっても埋まってきた。相席に成った御夫婦と出張青年と地場の女史達と酌み交わししっかり酔い。。御馳走様。。御先ね。。もう一軒酔って、帰ろう。。駅の端っこに燈る灯りと煙に誘われ。。またまたの缶ハイボールで〆乾杯。。串カツどて焼き豚焼き。。キャベツで。。御馳走様。。少しまだ時があるならホームで立ち食いきしきしと。。もう無理。。腹いっぱい。。
爆睡してれば江戸に帰ってきてたとさ。。
先ほど店に来てみれば、昨夜の風で植木が・・・あぁぁぁ・・・・
さっ自分が倒れない程度に今日を先ず頑張んべ。。

■牛・魚・牛豚・鳥・ごはん

葉桜だった。花びらも散ってた。ソメイヨシノではないけど。梅は咲いた桜も咲いた。たんぽぽが綿だった。
少しだけ遅めの朝。少しだけどころか大いに腹減ってた朝。先ずはバナナ。
時が来たので歩いて向かった。紺の暖簾を潜った。お邪魔します。紅い敷物踏みながら二階に上がった。
地方の旅館気分な小さな小さな個室。
では、ハイボールで乾杯。喉が鳴る。
女将さんがせっせとせっせと牛脂を溶かした。
お砂糖と、お醤油、野菜の汗。肉の汗。頂きます。甘さの贅沢だね。
酒も貰いましょう。そのお肉と一緒の地の酒を。熱燗で。。甘い肉菜に辛めの酒。。しっかり御馳走様。。
紅い敷物踏んで下りて紺の暖簾を潜って出た。
なんか暖かい。コートは要らない。シャツ一枚で過ごせるほどに。お散歩。境内の桜は葉桜だった。お散歩。小川のタンポポは大きな黄色と白い綿だった。
時が来たので向かった。丁度暖簾かけた。昔々は、そりゃ~迫力ある横に広がる大暖簾だったこちら。
移転して直ぐ伺って以来だから何年前だ?
では、焼酎ハイボールで乾杯。喉が笑う。
厨房の人達がせっせとせっせと魚を捌いてる。
カワハギとカツオと蛍烏賊。安すぎるぞ。じゃぁ熱燗で。どぶろくもね。。揚げ出しもね。。無観客の相撲中継を不思議に見ながら。
いつもならこちらはもう満ぱんのこちらだと思うが、静かめだったね。。優しく烏龍ハイで。。御馳走様。。
其処へ向かった。其処はもう移転してた。その移転先に向かった。シャッターが閉まってた。まぁじゃぁまた今度。。
ちょっと覗いてみた。この時間に来たことは無い。そもそももう二十年近く来てない。並ばないからね基本。
でも今夜は行けそうだね。静かにちゃんと待った。直ぐ空いた。
相席当たり前のぎゅうぎゅうの。あぁ懐かしいなぁ。。じゃぁ焼酎を。。並々コップ酒。。梅ちろん。。乾杯。。あぁ喉が焼ける。。
ホールのおじ様御兄様がせっせとせっせっと一升瓶持ちながら動き回る。無駄は無い。無観客に成る事はない。次から次へと呑兵衛。注ぎから注ぎへと焼酎。。久しぶりに口にした此処の串はやっぱ美味かった。。しっかりストレートは利くけど甘く感じて美味いんだ。。烏龍茶をチェイサー代わりに飲む周りのおじ様達に交じりしっかり酔った。此処は今の流行のもの関係ない。。素敵でした。。御馳走様。。
ちょっと戻った。。ちょっと覗いてみた。。よっ!いいかい?
じゃぁ遠慮なく。少しだけ焼いて。少し飲ませて。じゃぁその冷酒から。乾杯。。喉が悦んだ。
まぁ大将と馬鹿噺真面目噺含めしっかり御機嫌に。
じゃぁもう帰るよ。。御馳走様。。だったのに。。引き返し。。じゃぁもうちょいやるかい。。
じゃぁ其処で合流。。どうも。。茶割でリセット。。では乾杯。。あれ君らもきたかい。。じゃぁ乾杯。。あれ?堕ちたね。。起きたね。。
ガーリックライスは禁断の美味さだね。。御馳走様。。
帰ってどう寝たんだっけ?今朝は雨か。。
さぁ世間どうあれ世の中どうあれ、準備は準備。せっせとせっせと始めます。。

■二ノ宮金次郎って本を読む人でしょ

寝ましたね。腰が痛むほどに。横に成りましたね。腰がキシムほどに。
食べましたね。ポンぽこリン。喰いましたね。ポンぽこリン。
桃の節句。今日は楽しい、愉しい日な祭り。。
昨日は昨日で愉しんだ日な飲み祭り。。
まったく、ひと気のない浅草界隈だからこその隙間隙間を。。
朝飯昼飯兼で、安くておいしい飽きないそのラーメン。まったく並ばず、するっと着席。ラーメン、ワンタンスープ、焼売。
安心醤油。御馳走様。ワンクッション。ツークッションして、今日はもう昼からやっちまうかな。。つまんねぇ世の中だし。。
面白き こともなき世を おもしろく。
こんな日だから其処行ってみっかな。小雨の中、からりとね。。
もう飲んでやがる。でも席は空いてた。じゃぁ遠慮なく。静かなこちら珍しいね。店主もいつもよりゆっくり話してるね。
ホッピーで、トマトハイにするのが美味いんです。ぼくはこちらでは。。では珍しく昼酒乾杯。。
あぁ曇った陽気も曇った世の中も陽気に。。
じゃぁ定番の奴と、じゃぁお薦め通りに刺し盛って。。流れるテレビはくだらねぇ言葉ばっか、それに突っ込むニット帽の方々達。ニット帽の方々達の言葉の素敵な事面白い事素直な事。。にゃむ。。あぁ笑った。。今月一番笑った、まだ一日半しか経ってねぇけど。
燗酒だな。大徳利小徳利。。一日の野菜を全部取れるサラダも追加だな。。しっかり御機嫌だ。。知った顔もチラチラ。。じゃぁね。。御馳走様。。ワンクッションおいて、じゃぁこちらも久々に。。どうも。。5代目若店主に驚かれつつ。じゃぁ檸檬サワーで乾杯。。うんうまい。。コロッケ、グラタン、どちらも安堵の美味さ。。冷酒で冷酒で、そろそろ燗酒で、そのニラ玉。ニラ玉史上全くの初体験ゾーン。。いいねこれ。。美味い。。常に厨房綺麗に、拭きながら丁寧な仕事。御馳走様。またね。
もう十二分だけど、なんとなしに出来立てなその立ち飲み?屋。。じゃぁその檸檬サワー乾杯。なるほど。ではその煮込みと唐揚げと。なるほど。しっかり飲んで、御馳走様。
恐ろしく早い時間に撤収。。帰って横に成ったのは多分あり得ない夜の時間。御蔭様で10時間近く横に成ったね。。
今朝バナナヨーグルトでお腹調整。。
三月だ。どっか臨時休燗日設けよう。。サボらず休んでしっかり日々を。。つまらん世の中を、おもしろおかしく。。

プロフィール

こんけん

Author:こんけん
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

バックナンバー