FC2ブログ
■2018年10月

■白いの着るとカレーの滴は飛ぶ。。

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
きっときっとって 僕を動かしてる
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしたい
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅
難しく考え出すと 結局全てが嫌になって
そっとそっと 逃げ出したくなるけど
高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな
まだ限界だなんて認めちゃいないさ

何時まで経っても子供なミスターチャイルドです。
何時まで経っても大人演じるミスターチャイルドです。
いつになったら良い男善い大人になるのやら。。
居酒屋から酒場に成ってスナックにと三段活用な一日。
2時半店の灯り落とし鍵を閉め、、、鍵を開け、鍵を閉め、味噌汁啜って、4時過ぎ床の灯りを消した。
6時半起床。だめだめ寝なさい。
寝なおしましたけど。。

今夜終えたら御酉様。一の酉。節目節目。大川花火、御酉様、大晦日。これ三大節目。。
花火大会で一呼吸。御酉様で御店の祈願。大晦日で自分自身の。。。
熊手は開店当初からこちらの手作りのこの大きさ。大きくするのでなく。背伸びしたわけでないけどこの立派な熊手を小さくすることなく大きくすることもなく、保つという意味でのいつも同じこの少し背伸びの大きさ。。
変わりなく変わらず変えず。。
それを保つのもキツイケド。欲をかかず下がらず。。

さてと今日も善い意味での変わらぬ景色でいつも同じでない景色で。。
スポンサーサイト



■かわ

二時間近く走ったね。河口に着いて太陽浴びて。さぁ戻ろう。戻ればいいのになんとなくそっちへ渡る。
町の球場を横目に海の公園を横目に視野は真っ直ぐ頭の中のいっぱいいっぱいは考えてるのか考えてないのかのまま。
再び小さな川を渡り大きな川を渡る。この大きな橋渡の初かも。ちょっと止めて一本向こうの大きな河口の橋をしばし。
街を抜け街を抜け普段大きく見える川が小さく見えつつ渡り。家の湯に、ざばん。。
当然減ってる腹に茹でたパスタ茹でた簡易的な具。簡単に昼を済まし。久しぶりにゆっくり大河を。
下町ロケットが溜まってしまってる。。
疲れも溜まってしまっている。仕舞ってあった出せば出てくる出てくる革靴を磨いた。何足だ?数えなかったけど10足以上は磨いた。
さてと。じゃぁ夕陽が堕ちる前に。。
開店した其処へ。どうも。
ではハイボール乾杯。ポテサラと煮込み。まだ陽が明るい。おめでとう。
外から見てる奴がいる。土木作業員だと思ったら君か。手招きする。
はい。乾杯。加わったその子もどうぞ。乾杯。
馬鹿噺と駄目噺。じゃぁね。御馳走様。
では時間つぶしに、、いや、、少しゆっくりしに、、そちらへ。。
どうも。予約してないですけど。。ダイジョウブ。。では御座敷。。
おっ。じゃぁもうそれいくかな。。ヒレ酒。。マッチでシュッ。。蓋して。。30秒。。乾杯。。
あぁ冬だ。。うまい。。さてじゃぁ。。
海老しんじょう。焼き鳥。いつもの煮物盛。十分です。。
安堵な美味さと安堵な空間。加わった姐さん乾杯。。
じゃぁもうちっと。。かに玉、お洒落なサラダ、それと釜飯。。味噌汁もね。。
真面目噺と馬鹿話。じゃぁね。御馳走様。
結構既に酔いよいだけど。目が合った。。
頑張る若い子達の店。どうも。冷酒で乾杯。厚揚げとメンチ。そして堕ちた。。
なんか今夜は疲れが一気にだな。。
いつ寝たのかね。。
幾度も起きたけど、高い処と蛇の夢はなんでか結構見るだよね。。あぁびびった。。
今日は30日。明日の31日水曜日は23時に閉めます。恒例の一の酉ですんで。。
それで10月が終わる。
おいおい二カ月で今年が終わる。。おいおい。。結局早いな今年も。。

■池の亀

これから走ってくる。走るつもりだ。自転車だけど。バイクだけどって言った方が格好いい?
今日は寝だめのつもりだ。つもりだった。いつもよりは少し寝たけどあまり変わりはない。
女心と秋の空。
今朝は快晴に見える。部屋からは。
男心と冬の空。
先の景色は見えんし見れねぇよ。
朝の6時に目覚める習慣。寝たのは何時?寝なおすけどね。でも8時にはいつも起きてるよ。寝たのは何時?寝るのは何時?
だいたい朝一の目覚めで心の臓がシュワシュワしてる。で、寝床変えてうっつらうっつら寝ている。
呼吸が浅い。深く深くしっかり、あぁ寝てなぁ。。
まぁいっか。
今週は特に言われる言われた。同業、各地廻ってる飲兵衛、逢う日まで見知らぬ方々に。。独りでやってんですか?
へい。。無サービス。。無言色っぽい。。目と目で通じ合うそういう仲になりたいな。。
誰にも話してない事言ってない事想ってること。言うでなくて言われる多々。聞く。聞かされるでなくて聞いてあげる多々。内外タイムズ。
無言でなくて有言で答えらることは答える。
ちょっと自分の事も言ってみようかなぁ~~~って言わないけんど。。聞いたことも言うなってことは一口も言わないけど。。
約束を守れたなら願いをかなえてあげる。ピンクのウィンク。。
勇気を出して笑って御覧。それが君との約束だからぁ。。。
また意味不明なことをうだうだと書いておりますが。
昨夜も馴染みな面々ありがたくゆっくり待ったリスタートからの入れ替わって二軒目酌みの若手達がずらずらと。。〆の頃の若手?戦友達と近談会。
片して気になって向かって、御疲れ様乾杯。
御話聞いて答えて肩叩いて背中押して。
帰ってシチュー口にして、あぁ身体が怠いなぁ。。肩揉んで背中押して~って想いつつ堕ちてた。。
走ってくっかな。。土手にでも。。河口まで行って帰ってくっかな。。
無のような有のような頭の中を、まぁ走りながら流してくっかな。。
今週は御酉様だ。。かっこめ笑み。へっこめお腹。。。。。ひっこめ余計な事。

■愛知と高知

まぁ生きてます。
仕入れしてると歩いてると店やってると色んな人とすれ違う。
世の中知らない人の方が圧倒的に多い。
まだまだ知り合うんだろうな。まだ見ぬ未知の人と。。
出逢っちゃうと当たり前になっちゃうけど。出逢うまでは知らないんだよねぇ。。
多分今夜で燃え尽きます。電池切れます。。
終えた夜は少しゆっくり見上げたり見まわしたり足元も見なしたりしよう。ゆっくり。
さってっと。。。

■YESYESYES

月をみる事無く雨だったしというかいい時間だったし。どうやら寝落ちしてたみたいだし。帰って即そのまま床にまっしぐら。
目覚まし珍しく入れるも入れた時ほど起きなかったりするもんだ。
唯今、ただいまぁ~おかえりぃ~の、カウンター。
ただいま。おかえり。ただいま。おかえり。唯今と御帰りの間が少な過ぎる。
今夜は少し早めに開けます。
うちで両親の顔合わせを希望の、まっこと此処でいいの?
昨夜は、スタートのオジサマ達の時間~中堅どころ達の時間~若手?どころ達の時間と、どの時間帯も、、、
深夜はスナックと成り歌が乱れ会場入り断る世の流れに。。
鬼の洗い物が答えさ。。
兎に角洗うしかないのさ。
御褒美ホッピーホッピーして。。液体だけを入れ込んで。。どうやら。。堕ちてたさ。。
さっ。もう仕事。さぁ仕事。やれ仕事。どれ私事。どう私事。
果てしない闇の向こうに。。このまま僕は行くのさ。。この長い旅路のどこかへ。。。
行先は決めておかねぇとね。片道チケットでもね。。

■うつぶせ

昨夜は日付変更してから睡魔がまさり、皆さま居る間にも堕ちかけ、皆さま帰った後片すことを後に回して畳カウンターでクタバッタ。
例により、アイエスbのマークで。。。30分後起き上がり片し何も飲むことなく口にすることなく帰燗。。。いや営燗中に頂いた大福もち口の周り白くしてしたまま注文取ってたね。
寝ぼけてたから、焼けた餅を海苔に巻いて皿に乗せず手渡しで若い子に渡しそうになった。
木曜日に関わらず、開店前から鳴りはじめおやおやおやとあらどうしたって程に問いありごめんゴメンに成り、、、
大人っぽく仕事して、子供っぽく私事で。。
唯今仕込み中。煮込み中。
明日18時からですが、御縁の縁の縁ありで17時から灯り燈してますが、18時から通常営燗で御座います。。。
月は見てる。静かに見てる。自分が見てるんでなくてお月さんがこっちを静かに見てる見守ってる。
今夜もよろしく。。ちょっと見ててくださいませ。。馬鹿で真面目でアホで馬鹿なやつを。。

■ミスタームーンライト

間が空いた席が空いた21時半過ぎ。戸を開けた。見上げた。いた。
綺麗な真ん丸な御月様。少し見てた。
終えて戸を閉めて見上げた。雲の後ろだった。雲の隙間から御疲れさまと顔出した。
朝から準備してたけど、思いのほか早く準備が出来た時間が出来たレンタルに向かった。
ミスター子供達と柚子と先日の休みにチラ見した漫画の王ダム。借りてきた。
準備万端から戸を開けて待った。
いらっしゃい。女性御二人。女性御一人。しばらくすると。謎の牛乳瓶。。
戸を開け。中覗きこむ牛乳瓶眼鏡のオジサマ。中の御客と厨房中の自分を瓶越しに確認して。
「マスターは女性かい?おかまかい?ホモかい?」「じゃぁ駄目だ。俺はオカマは嫌いだ。マスターはさそり座の女かい?」
なんでもいいけど、まぁ帰んなさい親爺さん。
あぁおもろかった。
ゆるっとカウンター集まって穏やかに。
頂き物のパンを頬張るオカマ?ちゃんで。。あら美味しい。。
残ったそれをチルドして、耳にミスターチルドしながら御片付け。
早めに帰り早めに横になったのは佳かったが・・・
一巻読み始めたら・・・二巻三巻止められず四巻五感。。。六巻までは行かず明日のぬる燗の為にってもう5時だ。。折角早く横になったのにミスター子供は漫画に夢中に。。夢の中に行くも眠りは浅く6時半起き。。
いやぁでもこれ面白いなぁ。。嵌ったなぁ。。キングダム。。無駄に寝不足だ。。
さてと今日も今夜も、、、何処までも歩いて行くよ。いいだろうミスターマスターマイセルフ。。

■カメラ

眠れない夜と雨の日には。。
寝ましたよ連日いつもよりは少し長く。ただ寝る時間が早かった分起きる時間も早く。
行けば行くほど。進めば進むほど。やればやるほど。動けば動くほど。
色んなもんが安定することは中々ない。
最近は引き算を覚えてる。引き算するようにしてる。
押して駄目なら退いてみな。
小雨の朝の自転車を川沿いを。寒すぎる。手袋必要なほどに。指先何本か白くなる。もうそういう季節になるのか。。
短距離で帰った。指先が冷たい。湯船で戻した体温。
朝何することなく、あぁ今日は休んだんだって感じに。。
目的もない休み。サボリでもある。大事でもある。
小腹のチャイムが鳴り。今日のスタートが決まった。
食べて見たかったその刺激。並ぶもすぐに呼ばれ。座ったら待ってる間頼んであったとはいえ直ぐ出てきた。
ありがたく。いただく。いただきます。かぶりつきます。手に着いたそれも舐めます。美味いなぁ。
しゃばしゃばなそっちとしっかりなそっちを合かけします。しっかりはもっと単価取っていいですよと思うくらいに美味く柔らかくしっかりと。しゃばは辛く辛いが複雑でもう一口ってなる。止まらず食べて汗かいて御馳走様。
ホラーは得意でないですが、見始めたらホラーでした。冷や汗かいて観てました。実は素敵な映画でした。面白かったが結論だ。
堅くなった身体を解しに都内屈指の熱めの湯に。そこまで熱くはなかったけど。汗をかきに流しに。御馳走様。
おやっ?と見つけた不思議な中華酒場?一度は素通りも戻って飲。ハイボール乾杯。
香菜青唐辛子と白菜水餃子。唐辛子で再びの汗。御馳走様。
あそこだな。まだ開店前だったんでバッティングセンターでヒット10本。少し汗かいて心地よく。
灯りが燈って暖簾かかって。
女将さんのお久しぶりでの挨拶に会釈。小瓶で乾杯。燗酒数種当たり前のありがたい普段着な肴をいくつか。此処はリセット出来るところ。御馳走様でした。
あっ!と思い。向かう。夜初めての其処へ。正しい正しい定食を出すこちらの肴で飲みたかったんで。。
牡蠣フライカツ煮酢の物ポテサラ。どれもこれもずば抜けてでもはや御馳走。冷酒に水割りでしっかり御機嫌に。貸切だった。
白髪の親爺さん仕込みしてた。御馳走様。また御昼に顔出します。
あっ!と思い。向かう。此処は初。御近所の馴染み方々が夕飯で来てる感じ。手が空いたとこで烏龍ハイ乾杯。
ナポとナットウで終了。枝豆ありがとう白髪の御母さん。
目覚めればソファだった。。

■赤青黄色。緑に白に。茶色に。月明り。

朝のバス。朝のビジネスマンに交じって朝の特急。あっちゅうまのこちら。
降りるの初だ。午前のバス。並ぶバス。臨時が出てて安堵。これでも空いてる方だと聞く。この時季では。
そしてこちら。だだっ広いこちら。青空一杯緑がいっぱい黄色もいっぱい。美味しい空気もいっぱい。
人もそれなりに居るけど心地よく。森もあり花がありなんか季節の物がなんでもある。
歩きつけば其処に真っ赤なそれが一面。白とピンクっぽいのも一面。薄茶のそれも一面。
紅葉っていっていいのか?花満開といっていいのか?秋がいっぱいと言うべきか?
素敵な絵だったね。青空麦酒。定番の焼き蕎麦。不思議に美味い外でのもの。。
そこは砂浜だった。意外だった。綺麗な海も見える。掃除をちゃんとしてんだなぁ。
なんでもあんなぁ此処は。。
人が歩かぬ道を歩く。そこに其処があったんで入る。湯に入る。しょっぱい。だから温まる。いい湯だ。
横になる。そこにあったマンガ読む。一巻で嵌る。やばい。。やばいぞこの漫画。帰ったら集めるだろう。
どうやら駅があるらしい。ただ道がわからん。らくらくフォンが活躍する。西日の逆光で見えなかった道を案内させられる。
完全な山道ですけど。夜は歩けんよ。砂利道民家横。本当に駅があるのか?
あったよ。おぉ。なんだよ。おぉ。始発かよ。ここ。素敵だよ。ここ。
わくわくすんよ。ディーゼル車。車内にゴミ箱があるよ。どうしてだよ。がたんごとん。西日が射すよ。お墓と田園だよ。
好きなんだよ。ローカル線。素敵なんだよ学生たち。恥じらいなき女学生が股開いてるよ。着いたよ。乗り換えるよ。
では此処でこの街で飲むかな。
少し下調べはしたよらくらくフォンで。でも行ってみて外観で判断だよ。いくつか候補あがったよ。まだ早い時間だ。開いてるとこでええんだよ。二階へ。なるほど通し営業の近所の会社の団体さんが使い勝手良さげな此処。
御疲れ様。ハイボール乾杯。あぁ~うまい。
では、やっぱそれからいくかな。納豆だな。納豆の盛だな。そいつと組合すんだ。なるほどね。焼酎だな。水割りで様子見だな。
鼻歌ホールの親爺さんも肴だな。御馳走様。
ということは、この辺に色々ありそうだな。歩いて視ないとね。ほら出てきた。いい色だ街の灯り。静だ。街の灯り。月が真ん丸綺麗な灯り。此処も薫る。そこも薫る。出てきた姐さんのその店も。。でも此処だな。。予約してないけどいいですか?
いいそうです。もう入った時から微笑んでるのが分かります。自分が。いい空間だ。いい電球だ。
燻されたような店内ギターの音合わせに使う器具みたいなカウンター。酒だな。
それとそれ。コップ酒。カウンターに口を伸ばし。うん美味い。わくわく。
鯨刺し。その若芽。めひかり。その煮つけ。煮つけは清水舞台から飛び降りたつもりで。
きたよきたぞ。鯨刺しも美味かったけど。きたよ。そのめひかり。頭から一口で笑う。うんまい。。親爺さんに声かける。うんまい。
スイッチ完全に入った。燗酒ください。ヤカン酒なのね。コップに注がれ口を伸ばし。おっ。えっ。うんまい。。300円?親爺さんに魅せてもらう。普通酒だ。あらぁ。。の間の若芽が太くて綺麗で醤油と御酢かけて。。最上級のおひたしに。。
きたぞ見てたよその使い込んだ大鍋に入れてた煮つけ。。出来たみたいよ。大皿に乗ってきたよ。
箸に触感伝わってこない程柔らかいよ。口にして御覧。大笑いだよ。うんまいって奥の兄さんにも声かける。
自分の正体聞かれて誤魔化してたけど白状して、その生ビールを頼み直す。だって。親爺さん泡を綺麗に取り除いてちゃんと泡の蓋作るだもん飲みたくなったよ。いやはや。愉しんじゃったよ。でもやっぱもう一品その蛸。ありがとう蛸。頼んで良かったよ。
しっかり酔った夜。御馳走様。また地方の名店見っけたなぁ。。。月は更に綺麗だな。。
車内で仕上げの酒とメロンパン?
起きたら江戸だった。
本日23日火曜日は予告通り商休止します。

■夜空の向こうには

まだ陽が落ちぬ頃、暖簾を玄関にかければ、左斜め上にぼやけた月。
夜中に見るつもりだったんだけどなぁ。
静かな日曜灯。だからこそありがたく。
静かに終えて。た~くさんある肴つまんで帰ろうかと思ってたんだけど、おんもの月見もしてぇしなぁ。。
月見る事無く、灯り燈ってった其処へどうも。
少ししっぽりと。彼とゆっくりと。
久々にちゃんと笑いましたと彼は言う。じゃぁ今日顔出したかいあったよ。御馳走様。
出て月を見るということ忘れて帰った。
サンドウィッチを片手に大河を見てた筈だが終わってた。
手を洗い。洗い終わってた洗濯物を干して、ちゃんと寝た。。
朝6時。起き上がった。。親指が固まってた。。またいつもの謙商炎だ。。

■片手にピストル心に花束。。。背中に。。。背中が。。。

午後です。アフタのヌーンです。夜のMOONまでまだまだ。今夜は出来たら見れたらいいな。地球の隣のお星様。
勿論朝から起きてます。起きてますし動いてます。午前と午後の間に少しランチしてましたけど。仕入れ後にね。
仕込みも今してましたけど、ちょっとストップ中の合間の虹のワイド商です。。
まだ商いの時間では御座いませんんが準備しておりますが。明日は定番の休みですが明後日火曜日は・・・
なんの理由も御座いませんが。理由はありますが商休止します。。
空席が目立ったからでは御座いませんが、謙ちゃんには謙ちゃんの考えがあるんでしょう。
勝手にしやがれ。すみません。23日火曜日はチケットも一枚も売れてませんがライブ中止します。。
背中がさっきから攣りそうです。瞳はさっきから眠そうです。。
昨夜も土砂降りスタートからゆるりとありがたく。しっとりから。〆の戦友達の来秋。。。
皆一線級で御活躍の面々。僕はいつまでもよろこんで平民です。。
でもみんなすごいよなぁ。。みな腕っぷしも腕も。。
僕は美肌と一肌と人肌で。。なんとか。。
終えて片して最後に小さく流血して。。
どうして自分の周りの戦友達は凄いのばっかなんだなぁ。。。一線級ばかり。。。僕は特級も要らない。二級も要らない。。級は要らないけど、、休が欲しいんだなぁ。。セミプロ一級謙築士ですけど。。
皆名店だ。あっちゃこっちゃの戦友達。。
あたいは現役で今なお迷店だ。。あっちゃこっちゃと。。ばたばただ。。
おっといけねぇ日曜だ。一時間早いんですよ。。
仕込み一気に仕上げます。。
今夜は終えたら・・・月と歌と酒と人休みを。。。の。。。つもり。。。
さてと。。。あっぶねぇ。。背中が・・・

■秋のコート

ホッピー二杯取り。いくつかの滴の酒を小さな杯で試飲のように口にして御疲れ様。
帰ってパスタを茹でて湯切したところで・・・えっ!寝てますよ。。。
片手に鍋持ったまま湯切したパスタはザルの中。そのまま立ち寝してますよ。目覚めて微笑む。早く寝ろお前。。
前半戦中晩戦終晩戦。酒と肴と男と女。単独さん御二人さん団体さん。御疲れさん。ありがとさん。
唯今煮込みの香りする店内。
今日も踏ん張って頑張って頑張らず踏みしめて。
今日は、どの曲が頭に残るだろう。。

プロフィール

こんけん

Author:こんけん
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

バックナンバー