FC2ブログ
■2019年01月

■ハウスシチュー

冷蔵の中の冷えたシチューを温めてレンジでチンして温めて、ちょっとタイマー長めに温めて、皿が素手で持てぬほどに温めて、テーブルに置いて一口口にしてテレビ点けて・・・・目が閉じてた。。。
開いた目の前にシチュー。冷めたシチュー冷めきったシチュー。冷やで、食べきった。燗冷ましの効果はない。ただ完全に冷めてた。
スーパーで物色してると、後ろから婆さんに、御姉さん御姉さんって声かけられた。黄色と黒のマフラーを口元見えぬとこで巻いてたとはいえ。御姉さんって声かけれるとは。。。
今夜は雪が降る?雪が舞う?積もらんけど、チラつく?
今月の江戸は湿ってない。まったく雨が降ってない。ちゃんと乾かず潤わないと。沁みっ垂れるのも嫌だけど。
今月も今日で終わりかぁ。結局早いなぁ。結局時は止まってないなぁ。。
止まらない特急も素敵だけど、ゆっくり止まってゆっくり走って各駅停車が人らしいなぁ。。地に足がね。。地に人がね。。
少し柚鳥あったわけでないけど仕入れ仕込みにゆとりあったんでしっかり蕎麦と買ったことないケーキ屋さんでケーキ。
小さな小さなケーキ屋さんのそのケーキは絹だった。。軽くて軽くて優しくて。。あぁ美味しいなぁ。。
さて。と。柚鳥は持ちすぎると柚鳥は飛んでいくんで、ちゃんと動いて動き終ってからユトリ持って少し横にでも。。なるかね。。
あぁ腹いっぱいで動きたくな~い。。
昨夜もオジサマタイム戦友タイム御姫様タイムありがたく。。
スポンサーサイト



■ギザギザハートの籠り歌

やることなんてやり始めりゃぁそりゃぁ切りなくなるもんで。切なくもなるもんで。
やらなきゃやらないで始めなきゃそりゃなんにもなくなるもんで。切なくもなるもんで。
押されれば退きたいし惹いたら押すもんで。
あぁ白いご飯に滲みたオカズの滴のところって美味いんだよなぁ。。
時間は大したことないが吸い込まれた寝床。
昨夜の賑やかな艶やかな華やかな?深夜。昨夜の穏やかな緩やかな朗らかな?夜。違う絵の二毛作だった昨夜。。
おはようございます。荒川のフミヤです。たった極一部の噺です。
ちっちゃなころから、ちっちゃくて、って奴です。。十五で悪戯卒業しましたつもりです。。
仕入れ後の朝昼兼の、せいろ蕎麦。仕込み後の昼夜兼の浅利スパゲティ。仕事後の夜夜中兼のアルミ鍋のカレーうどん。
まぁありがちな流れの麺の御三家。まだ茹でてるし温めてるし火にかけてるしだから良し。
御湯入れて終了でないだけでも御三麺良し。
終えて。。。小腹減ってたけどそれよりも急激に眠気が襲ってきて・・・アライモノまだ終えて無かったが寝た。。少し。。寒い。。起きた。。終えて。。伝票。。終えて無かったが寝た。。少し。。寒い。。起きた。。
え~と今日は1月30日。明日も1月か。。
何時だったっけ?正月って?何時だったっけ?成人式って?何時からだっけ?今の自分が形成されたのは。。
やることあるよ。急ぎなさい。そして少し落ち着きなさい。。
無が好き。無の中の有が好き。。しなきゃいけないやらなきゃいけない。。嫌い。。自発的がいい。。してあげたいことは好き。。

■喰う時間。飲む時間。寝る時間。

今朝の日ノ出時刻、6時44分。
休みだった月酔う日。
日ノ出の時刻は知らないけど普段通りに起き上がった朝。
腹が減ってた朝。
動くはちょっと億劫だった朝。やること多々あるけどそっぽ向いてた朝。
お昼に成る前に動いて道具街。がちゃがちゃ買う。
お昼過ぎたけどまだその時間でなかった。
その時間に成った。
眺めの良いこちら。長めでなくて良い食べ放題バイキング。滅多にくることはないが。
瓶ビールで乾杯。
まぁ結果としてひと通り口にしちゃう貧乏性。でもこのスタイルだけど美味かったなぁ。
完全腹いっぱい。ゆとりなし。御馳走様。
運動もいいが汗流しに湯。いい湯。御馳走様。湯上りにビールといきたいところだが。
まだまだ満腹。流れで向かうそちらでエスプレッソで乾杯。
さて陽が暮れてきた。
さて、、では。。こっからは。。
もう目の前に其処があっちゃ素通りは出来ぬ。
からり。ウィスキーハイボールください。三分の二までは丸い親爺さんが炭酸注いでくれるいつものスタイル。残った炭酸を全部注ぐのが僕のスタイル。いただきます。ふぅ。。
久しぶりの独酌。
ぼぉ~と。無になるには此処は最適。夕方のニュースが耳に入ってくるがどうでもいい。ぼぉ~と。
ミルク割ください。それとニンニク漬け。ミルク割は危険だ。飲み口が良すぎる。左奥の男性。左の女性。右奥の男性。皆静かに自分時間。本読む人テレビ見る人資料見る人。自分は空間を見てる人。御馳走様。10円の御釣り。
さて、、では。。。そうそう。。。
ここら辺だったけかな。。あった。。灯りも点いてた。。
どうかな?中から愉し気な親爺さん達の声。。入ってみっか。。
どうも。御兄さんこちらと。坐ってた女将さんが席を開ける。。その席へ。。あっ此処好きだな。。
白髪の親爺さん達が各3人。厨房の怖そうな親爺さん少々ありでいい感じ。
メニュー見ることなく焼酎御湯割りで。なるほど此処は米焼酎球磨焼酎だけなのね。あと瓶ビールと生麦酒と清酒だけね。
銀紙蓋ついた徳利に焼酎命一杯。大きなポッと渡されて。では勝手に自分で。。二杯取り。。あぁいいじゃない。。
メニューは?そこかい。。煮込みください。。あら素敵な牛モツ。綺麗な御味。御通しの鰯煮美味かったもんね。。
また独り親爺さん。また独り親爺さん。その都度席を端っこに移動する若造な自分。
相撲噺と、どうでもいいはなしを耳に肴に。いい空間だ。。家なのか店なのか区別が無いのか。。いいくくりだ。。御馳走様温まりました。また御邪魔します。。御馳走さま。。
腹は一杯だけどもう一杯。。だな。。御近所の其処だな。。入れるかだな。。入れた。。
ホッピーで賑やかさを肴に。小さな小さな御子様御子息がテーブル拭いたり運んできたり。反則だな。可愛すぎる。。
明るい親爺さんも変わらず元気。
燗酒もしっかりいただいて御機嫌で。御馳走様。
いつのまにやらいつ寝たのやら。。
陽が全く出てない朝に起きた。。夢で散々仕事してた。。

■たまちゃん

15年間休まず変わらず変化せずコツコツと休まず。
優勝おめでとう。玉鷲。
雨にも負けず風にも負けず嵐にはさらわれたけど。
大坂なおみちゃんは別格に凄いけど。一面記事にはなってないけどさぁ。。
玉鷲もっと取り上げてよ。
稀勢の里御疲れ様だけどさぁ。化粧まわしの噺は明日でもいいじゃない。玉鷲もっと取り上げてよ各メディア各新聞。
15年燗休場も多々だったけどコツコツとアスファルト刻んでもいないけど足元踏みしめて俺は俺で有り続けたいなんて思ってもないけど裏腹な心達が見えてやりきれない時を数えたような気もするけど今日も眠ったふりしてきたけど、死にたいくらいに憧れてはいなかったけど花の都、浅草。薄っぺらのボストンバックでなくて寅さんバックでだったけど。
あぁ。幸せのトンボは何処へだか何処だかだったけど。。
15年間厳しい土俵を休まず出続けただけでも拍手だよ玉鷲。おめでとう。いい顔してんなぁ。。ちょっと優しい顔だなぁ。。
しっかり肘ついて馴染さんとゆっくりしっかり見てた大相撲千秋楽。
静かな土俵に、またひとり。もうふたり。と。。。
ゆっくりまったり。。。しっぽり。。。艶やかに賑やかに色づいて。。。今週終了。。。
さてと。御刺身少し盛って。御酒を少し嗜んで。。御疲れ様。。あれ?堕ちてた。寒っ。。
帰って豚汁温めて口にして。。寒っ。。堕ちてた。。
あぁ帳簿やらねぇとなぁ。。スイッチ入らねぇなぁ。。誰かやってくれぇ。。
丸投げしてぇなぁ。。ばぁ~と豪快に。。

■土評

唯今文字打ち始め15時50分。本日の営燗、日酔う日ですんで、17時開門。
仕込みは終えてます。ユトリ持ちすぎましたが、一気にスパートして。。
寒いね冷えるね。まぁ店外も店内も冷えたり冷え切ったり温(ぬく)かったり暖かかったり熱かったり暑かったり更に厚かったり。
昨夜は皆さま同時刻問い合わせトリオ以上問い合わせばかりで。ありがたくもうしわけなく。波が引けばカウンター砂漠。砂漠に戦友がひとりふたりさんにんよにん・・もろもろ。。
灯り落として戦友祭。終えて片して時は。。。
飲み直すことなく帰って肉じゃが煎餅。堕ちる前に寝ようと思ってたけど朝割れた煎餅がいくつか堕ちてた。。
さてと、千秋楽の大相撲。先週よりは今週楽の独り相撲。いつも程好く温(ぬく)く熱くもなく寒くもなく厚くはあり。。
今夜は、しっかりゆっくり飲もうかね。。
唯今16時の鐘が鳴りました。。

■しもやけ

ここんとこ、ミスチル・ひらいのけん・くぼたのとしあきさん・おだのかずまささんばかり聞いていたが、ちゃんとシャッフルして流してた仕込み中。
チャゲアスがいいんだなぁ。エピローグに天気予報に。氷室の京介さんのラブソングがいいんだなぁ。ユニコーンの自転車の歌がいいんだなぁ。。サザンもね。。
他の曲も聞かないとね。狭くなっちゃからね。色々聞かないと。。聞いて聞いたうえでもう一回あの曲を。。
全然人に聞かない人。聞くことは山ほど。たまには聞いてみないとね。狭くなっちゃうからね。
これでもあんまり人に言わない人。文句と説教は言うけどね。たまには言わないとね。溜まっちゃうね。。
恐怖の25日金酔う日。
静かな始まり。ソロソロソロとソロタイム。。静からの埋まり各地ソロタイム。。。単独飯へ反攻ありがたく。
静かにゆっくり終わり。
ゆっくり片づけゆっくり。。
雲の裏の御月様確認して灯り落として。。流れてきた来生たかおさん

GOODBYE DAY 今日が終わり
ONE MORE DAY また一日
何ごともなく それでいい OH
GOODBYE DAY ケリをつけて
ONE MORE DAY また一日
新しい灯に すればいい

おだやかならば それでいい

さて、寒っ。。飲みに。。いや。。帰ろう。。
アジアのカップ麺と日本の納豆。
さっ。寝よう。。ちゃんと。。寝よう。。
今日が終わり今日が始まり、また一日。。

■ひびわれ

おつかれさま・・・・。
おはようございます・・・・。
おつかれさま・・・・。
おはようございます・・・・。
がんばります。。。。

■点灯虫

もう幾人卒業してったかなぁ。。もう幾人頑張れよって。。おかえり?幾人も。。
若い子?達を、めでたい話で握手し手を振り。おめでとう。
昨夜も浅草離れてその地で二人の生活を送る。そっか。区役所に提出後に来た君ら。頑張れよ愉しめよ独りで来るなよ。
形に成る前のカップルをもう何組何十組?
あいつらはどうしてるだろう?先日挙式だったあの子たちは。。ビデオレターのメッセージは届いたのだろうか?
そういう時の女の子は可愛いね。光ってるね。
あいつらはどうしてんだろう?去年そうなりましたってメールくれたあの子たちは、その地で物造り進んでるのだろうか?
落ち着いたら君らにオーダーメイドで靴作ってもらうつもりだけど。
皆喧嘩してきたり泣いたり愚痴ったり、大笑いしたり微笑んでたり。しがない酒場で。。
間に入ってやったり一緒に飲んでやったり応えてやったり。まぁその説に関しては全く説得力ないですけど未経験ですんで。男女の噺は出来ますが。
じゃぁね。見送って灯りを落として片づけて。
外に五味を出し、見上げれば満ちてないけど綺麗な月。まだまだ綺麗だなぁ。。寒っ。。
戻って小さな白い磁器の盃に一杯だけ。くいっと。
帰ってタラコスパをチンして数口予定が全食。くいっと。
なんだか疲れてる。なんだか身体に倦怠感。
寝るしかねぇな。
早めの就寝、一時間後に起きるけど頑張って寝て今日は入れてた目覚まし鳴る前に起きた。
今日も空は乾いて澄んでるね。湿ってるよりいい。でも渇き過ぎはね。。
保湿大事。化粧品でなんとかなるなら外側つけまくるけど、中が大事大事。。ホッピーより前に中身の焼酎が大事大事。よりホッピーが美味くなるのさ。
さっ身綺麗にしてこよう。。今日も今日を今日しかない今日を。愉しめるかは自分次第。。中身次第。。




■あしくび

日月の御月様は綺麗だったなぁ。。昨夜火酔う日の・・・いや水酔う日の3時の月は雲で見えなかった。。
御薬飲んでビタミンしてシジミしてDHADHEして鍼して揉んで解して・・・あとは癒して。。
冷えのせいもあんだろうけど、あっちゃこっちゃ・・・・。
昨夜深夜仕事中に鍼三つ。ぷすぷす。少し指圧。ぐいぐい。ありがとう。
昨夜静かな夜かと思いきや。。。ありがたく。。しっかり終えて時を見れば・・・。。。
片づけ終わって聞き入って座って杯に余った聖水注いで・・・頬は手の甲の上。。

あの重い扉を開けよう。まだ見ぬ空の色風の音。たまらなく知りたくて。

なんか今懐かしい小学校の卒業式で歌った歌が頭に。。

いつの間に47なんだろう。。いくつまで数えられるんだろう。。

今朝4時半には寝たが5時半には目覚めた。。努力して寝なおしたけど。。だいたいこうい時は神経が過敏だ。。さっ小瓶中瓶大瓶一升瓶。。仕舞って仕込みだ。。

もうとっくに今日になってて、今日仕舞い仕事して、今日少し寝て。再び今日が動いてる。。まだまだ今日は続く。。

■形勢

最初は街の素敵な御父さんの洋食屋さんの予定から歩いた。
川を渡り路地を抜け、てくてくてく。
ありゃ臨時休業。切替てあの街へてくてくてく。それもいいこれもいいが、あっ!
その電車に乗る。川を渡る。降りると食欲そそる揚げ物の匂い。
けどそれには目もくれず、その先の行列にも並ばず、角のこちらの戸を開ける。
小瓶だな。乾杯。地味に結構歩いたから昼の黄金が美味い。
ガリを盛って。では。それとこれと。それも。優しく美味い安くて美味い穏やかな空間が更に美味い。
いいぞいいぞ。それとこれと。それも。あとアラ汁220円。拍手。アラ汁拍手。素敵だ。
商店街のオバサンがイイ味で入ってきたんで御馳走様。いいねぇオバサンらしくて。また来ます。
行列なそちらとか周辺の飲み屋に振りかえることなく再び乗車。乗り換えてこちら。
桜はまだだ。寅は自分だ。。てくてく参道。。御参り。序に裏の庭園。てくてく。
男はつらいよ。けど。愉しいよ。
爺ちゃん婆ちゃんに交じって団子と茶。御馳走様。
乗車。乗り換えて特急で飛んであっちゅうまの日が暮れる前の日が暮れる処。
改装したこちらで、いい湯だな。かぽ~ん。御馳走様。いい湯だ。
さぁてくてくてく。こちらですか?
まだ10分早かったけど、外掃除してた女将さんに挨拶。早いけど入店。初処。
いいじゃない。いいじゃない。しっぽりしっとり。では贅沢にこの席で。。
瓶ビール乾杯。湯上りと歩きとで更に美味い。
では御刺身白と白。それと緑の胡瓜と赤い魚の煮つけ。それと例の鍋。よしっ。
綺麗な白髪の綺麗な女将さん御一人のこちら。静で静かでいい。。
白も緑も赤も素敵。酒だ酒だ。このエリアはこの酒多いなぁ。好きだけど。燗酒がしっとり。
お鍋の時間。ぷるるんな白魚と白豆腐と緑の春菊。真っ赤な薬味と黄色い柑橘と濃い醤油。
優しい。酒はすすむ。もろきゅう御代わり。
女将さんの噺を喰い終わってから結構長く聞く。そっかぁ。。また来ます。。御馳走様。。
てくてく。。冷えたな。。あそこだな。。てくてく。。
相席OK。3種の燗酒辛いのから。。今夜は親爺さん不在なんだね。。相席の方々と酌み合う噺を注ぎ合う。。
正体バレル。まぁまぁまぁ。煮奴と皮と鴨。変わらずいい空間だね。酒はチンチンだったけど。。それも美味しで三種。
相席さん達と記念写真?じゃぁ行ってらっしゃい。こっちもそろそろ。。御馳走様。。
てくてくてく。あぁじゃぁ軽くね。。いい御歳の親爺さんは元気だ。湯割りで乾杯。息子さんのそのお薦めいただきます。それと綺麗な煮込みと山芋ね。あぁ酔ったなぁ。。かっくん。。。御馳走様。。
なのになぜ~~~もう一軒。超チェーン店。。凍結檸檬ハイで乾杯。でも美味しかった。ついつい麺と餃子。でも美味しかった。
もうパンパン。。御馳走様。。
てくてく帰れば気づけばベットで寝ていたさ。。17516歩だったね。。

■薄明り

酒は純米、燗ならなお良し、本醸造も良し。冷やも冷酒も良し。
酒を飲むなら休み前の仕事終わりがなお良し。休みの日も良し。明日も仕事の日々の酒も良し。
いいなぁ。。いいなぁ。。皆飲みに行けていいなぁ。。
昨夜しっかりありがたく始発から終電まで。終電の方が激しかった気が。。
仕事を終えて、灯りを消して、暖簾を仕舞って、見上げれば、それはそれはもう今年一番綺麗な御月様がお見えに。
優しく優しく御疲れ様って言ってた。綺麗だったなぁ。。寒かったけど。。少し魅入った。。
あぁ飲みに行きてぇなぁ~は、嘘。飲み屋に行きてぇなぁ~が、本当。
もう何処も灯りはないね。
あそこがやってるか、あそこでない、此処がいいや。。着替えて支度して。。座った。。
L字っぽいカウンター長い方の真ん中、掘り炬燵式だ。
シュワシュワしたのはレディ達から頂いたので酒の底に残った滴の酒を6本用意。
少し残ってた肴の牡蠣と馬を小鉢に。
白磁器に蒼のぬる燗文字。注げば瓶が空に成る量。。
御疲れ様です。御月様。。
一杯目の薄にごり。あぁ美味い。牡蠣はね。牡蠣はやっぱり、お・ちゃ・け・だな。。二杯目、三杯目、、、六杯目にしっかりガツンと黄色い酒。。あぁ美味かった。。一合にも満たぬ量だけど満ちた。満月だ。。
もう行く先灯りは無い街を抜けて見上げた月がやっぱり綺麗で寒いけどまた魅入った。。
帰って御風呂の湯とティファールの湯を沸かし。満月な揚げの上に湯を入れ蓋をし三分待って三分で啜った。。湯に浸かることなく堕ちてた。。
今日は休みの日。休みの日の酒。何処かな。。決まってるんだけどね。。

■119

あんな夢。こんな夢。損な夢。いつもより寝て見れば見まくり。
ちょっとダークサイドな夜更けだったけど心裏よりも裏仕事で御疲れ身体で土曜日の夜にも関わらず、あんな早い時間にベットイン。。
御蔭様で世間並みに6時間キープ。その分いつもの1.5倍多く夢。。
灯り燈す前にラッシュな電話。去年までだったら入れたもう一組。知った顔馴染み顔来たことある御顔さんは入れたいが今年は。。
10から9へ。でもやっぱ現場としてはこれでいいんだ。。で、現場はしっかり酒肴ラッシュありがたく。一気に波は引いた。。パトラッシュ眠くなってきたよ。。ゆっくり片づけつつ御待ちしつつ片づけつつ。あら終わっちゃった。。
何時!?もう少し灯り点けつつ。。じゃぁ終わります。。
流れる詩を肴にホッピーでヒッピー。。

真実からは嘘を 嘘から真実を 夢中で探してきたけど♪
今僕の居る場所が探してたのと違っても 間違いじゃない きっと答えは一つじゃない
何度もを加えた 汚れた自画像に ほら また12色の心で 好きな背景を描き足していく♪

ちょっと一周廻って帰った。
家でシチュー温めた。散らしに目がいった。。
お誘いあったけど断ったそのイベント?マップ?
御縁ある知った店達が皆出てる参加してるが・・・一匹仔豚でいいや。。
個人個人とは顔と顔とは人と人とは。もしも~し。つながってま~す。。。
何時?寝ちゃおう。。。
そしていつもの朝だ。夢は何の問いかけだ?知ってるけど。。。分かってるけど。。。
乾燥肌だ。。潤いが欲しいぞ。。求めちゃ駄目だけど。。

プロフィール

こんけん

Author:こんけん
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

バックナンバー